健康管理のための飲酒マメ知識。

酔いのメカニズム

アルコールとの良いお付き合い

お酒に強い人と弱い人がいる理由

こんな時は運転を控えましょう

二日酔いとは?「アルコール」そのものと、「アセトアルデヒド」がポイント!

口から入ったアルコールは、約20%が胃で、約80%が小腸で吸収され、血液にはいると数分間で全身に行き渡ります。血液に入ったアルコールが脳に到達すると、脳の神経細胞に作用し、活動に必要なエネルギー源を不足させる事態に。そしてその働きを抑制し、麻痺させると言われています。結果、酩酊状態になる。これが酔いのメカニズムです。
体内に入ったアルコールは、ほとんどが肝臓で代謝されます。肝臓では、アセトアルデヒドからアセテート(酢酸)に分解され、そのアセテートは血液によって体中をめぐり、やがて水と二酸化炭素に分解され、そのままの形で尿・汗・呼気から体外に排出されます。しかし、このアセトアルデヒドは毒性が強く、十分に分解されないで体内に残ってしまうと、頭痛や吐き気などの症状が出ます。これが悪酔いや二日酔いなのです。

 

0.02~0.04

・ビール<中びん>
(~1本)
・日本酒(~1合)
・ウイスキー・シングル
(~2杯)

さわやかな気分になる
皮膚が赤くなる
陽気になる
判断力が少しにぶる

0.05~0.10

・ビール<中びん>
(1~2本)
・日本酒(1~2合)
・ウイスキー・シングル
(3杯)

ほろ酔い気分になる
手の動きが活発になる
抑制がとれる
(理性が失われる)
体温が上がる
脈が速くなる

0.11~0.15

・ビール<中びん>
(3本)
・日本酒(3合)
・ウイスキー
 ダブル(3杯)

気が大きくなる
大声でがなりたてる
怒りっぽくなる
立てばふらつく

0.16~0.30

・ビール<中びん>
(4~6本)
・日本酒(4~6合)
・ウイスキー
 ダブル(5杯)

千鳥足になる
何度も同じことを
しゃべる
呼吸が速くなる
吐き気・おう吐がおこる

0.31~0.40

・ビール<中びん>
(7~10本)
・日本酒(7合~1升)
・ウイスキー
 ボトル(1本)

まともに立てない
意識がはっきりしない
言語がめちゃめちゃ
になる

0.41~0.50

・ビール<中びん>
(10本以上)
・日本酒(1升以上)
・ウイスキー
 ボトル(1本以上)

ゆり動かしても起きない
大小便はたれ流しになる
呼吸はゆっくりと深い
死亡

※上記の数値は血中アルコール濃度(%)となります。アルコール検知器「ソシアック」で表示される数値は呼気中アルコール濃度(mg/l)となりますのでご注意お願い致します。
お酒の1単位(ビール<中びん>1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯、焼酎0.6合)のアルコールを飲んだ時の血中アルコール濃度は、上記の表で0.02〜0.04(%)です。これは、呼気1リットル当たりのアルコール量に換算すると、0.10〜0.20mg/lに相当すると言われております。
※このページの作成にあたっては(社)アルコール健康医学協会のホームページを参考にしています。

  • ユーザー登録
  • 一般の方へのインタビュー
  • 飲酒マメ知識
  • 飲酒・食べ物呼気温度
  • 購入者対象アンケート
  • 類似ガスについて
  • 取扱い上の注意

会社案内

プライバシーポリシー

サイトマップ

リンクについて